ご挨拶
反田部長

ブドウ栽培におけるスマート農業の取り組み

令和元年度から2年間、JAフルーツ山梨が中心となってコンソーシアムを組んで、スマート農業実証プロジェクトを行ってまいりました。 このプロジェクトでは、ハウスの遠隔環境制御、ドローンによる農薬散布、リモコン式草刈機による除草など6つの実証項目に取り組んでまいりましたが、それぞれのテーマで実証の効果を上げ、確実な手ごたえを感じております。今回その一部をここに発表させていただきます。 JAフルーツ山梨では、この2年間の実証を踏まえ、今後もスマート農業をはじめ、新しい農業技術に積極的に取り組んでいきたいと思っています。

実証代表者 JAフルーツ山梨営農指導部長
反田 公紀